Posts categorized "映画・テレビ"

2017.10.15

#ナラタージュは切ない夢なのだ!

で、昨日はカミサンと約4ヶ月ぶりの映画鑑賞へ。

いつものことながら、当日朝に決定。
「映画でも観に行こうか?」
「…行こう。」

「やっぱり邦画になるよね?」
「もちろん。何にする?」

「亜人ってのはナシだろうし…ナラタージュにしようか」
「主演二人の濃厚なラブシーンが話題の?」

「…まあ、あまり期待はせずに…ね」
「…これって夫婦で観る映画なのかな???」

事前にネットで座席指定の予約を行い、いざ出発。
いつも通り、上映一時間半前に家を出たんだが、映画館のそばの公園で催しがあったらしく、渋滞に…。

結局、上映開始11時45分の所、到着したのが12時過ぎ。
予約済みのチケットが発券できなければ無効となり、代金がパー。
…しかし、なんとか発券できて、トイレ駆け込んでから館内へ。

いつもだと、開始から15分程は予告関係だから、本編開始の5分後位から見始めることに。
真っ暗な中で座席を探すのはムリで、予約済みの座席の近くが空いていたので、そのに座ったのだ…フー。

で、開始5分の展開はわからぬままに鑑賞スタート…
(帰宅後にネットで原作のあらすじを読んだらこの5分の概要が理解できたのだ…映画が原作通りならね)

ナラタージュ(narratage)をネットで検索すると…
映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法。
映画で、画面外の声に合わせて物語が展開していく技法。多く回想場面に用いられる。

事前に原作や映画の評判は一切見ないで、もちろんタイトルのナラタージュの意味すら知らずに観るのはどうなんだろう???
別の見方をすれば、純粋に映画を評価できるかも…

主人公(有村 架純が演じる工藤 泉)と高校時代の教師(松本 潤が演じる葉山 貴司)、そして新しい恋人(坂口 健太郎演じる小野 玲二)との出会いと別れ…実質、この三人だけの映画と言って良いくらい。

この作品は「恋愛の王道」とは言いがたく、あくまでも主人公の目線+思考による回想劇と呼べるのだ。

高校時代の教師とのピュアな関係、教師の知られざる過去、そして大学での新しい恋人との複雑な関係、そして物語は終局へ。

…約140分の上映が終了。

館内を出て、カミサンとの会話…
「どうだった?」
「…100点満点として…30点かな!」

「低いね…何が問題だった?」
「主人公(有村)の勝手すぎる行動が女性として許せないよ」

「…確かに男目線と女目線で評価の違いはあるよね」
「じゃあ、チチの評価は?」

「ストーリーは抜きにして50点かな」
「…高っ!どこが評価できたの?」

「主人公ら三人へのカメラワーク(顔面アップ)はある意味スゴいよ」
「確かに顔面アップは多かったね」

「まあ、ストーリーについては評価が難しいね」
「…さっき30点と言ったけど、冷静に考えて10点かも」

「10点…それは厳しいね」
「だって、主人公ら三人が本当に勝手過ぎるんだもの」

「でも、主人公らの勝手さは人間の本心をさらけ出しているかもよ」
「…そうかもね。だから映画には向いていないかも…」

「それにしても前評判のラブシーンは…どこが濃厚?」
「前評判は宣伝だけど、詐欺に近い宣伝かもっ!」

「この映画、ラブシーンを削除しても成立するかも」
「そうそう、そこは映画を観る人の想像にまかせるのもアリだね」

ってことで、今回の作品はかなり評価の低い結果にはなったが、人間の内面を見せつけられたような、何か心に残る作品だったのだ。

ちなみに前回の映画鑑賞は「22年目の告白」だったのだ。
この作品は、カミサン&私の評価は100点満点中の80点。
今回とは作品のジャンルが違うので、単純に比較はできないが…

さて次は、何を見に行こうかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.08

#パシフィック・リムで怪獣退治なのだ!

ってことで、今回は2013年に公開された映画「パシフィック・リム」の感想でも…。

この作品は、当時カミサンといっしょに映画館で観たのだ。
来年に続編(?)が公開されるらしく、おさらいを兼ねて昨年購入していたDVDを観たのだ。
DVDでの鑑賞は今回で3回目になるのだ。

さすがにDVDだと、映画館で観た迫力にはかなわないが、あのテーマ音楽を聞くと、子供のころに観た怪獣もの(ゴジラ、ガメラ、ウルトラマンなど)とロボットもの(マジンガーZ、ガンダムなど)を観ていた気分が再来するのだ。

で、この作品を映画館で観た時の感想が、
・自分=「面白かった!」
・カミサン=「何が面白いのかわからない!」
と真逆な意見に…

まあ、怪獣やロボットものが好きな女性は少ないとは思うが、SFものよりもわかりやすいストーリー展開とあの迫力シーンを観るだけでも面白いと思うのだが…

基本的にカミサンは洋画が苦手で、吹き替え版ならまだ良いが、通常版で字幕なら最悪ってことで、作品の善し悪し以前の話ね。

結局、夫婦で観る映画は基本=邦画になるので、この作品は二人で観た洋画の最後の作品になったのだ。

で、本題の作品の感想なんだが、映像はもちろんだが、ストーリー展開が子供心をくすぐる演出であり、本編131分を一気に見せる所は監督の力量が出ていると思うのだ。

特に、
・冒頭部分でいきなり敗北を味わう主人公
・かつての英雄だった司令官と謎の女性の過去
・怪獣がなぜ侵略してくるのかの謎解き
・イェーガーと怪獣の戦闘シーン
がテンポ良く展開してくるのだ。

できれば、他のイェーガーの搭乗員の経歴などをもっと掘り下げて展開するのもありだとは思うが、さすがに映画の時間枠には収まりきれないか…

ところで、イェーガーの操縦方法が搭乗員の全身を使ったものであり、某日本アニメのパクりって感じだが、監督自身が日本の怪獣ものやロボットものが大好きって公言してるんで、個人的には問題無しなのだ。もしこれが「監督のオリジナリティだよ」って言われたら、周囲に叩かれるだろうしね。

個人的に特に気に入った部分は、イェーガーの一部が破損した時に、搭乗員にも痛みが伴う所…イェーガーと搭乗員の一体感が伝わってリアルなイメージになるのだ。

で、DVD購入後に「パシフィック・リム ビジュアルガイド[普及版]」もゲットしたのだ。

この本は、映画公開時に発行部数限定で発売されていたんだけど、予約が間に合わず購入を断念していたんだけど、やっと普及版が発売されてゲットできたのだ。
この普及版には限定版の付録が付いていなのが残念なんだけど、仕方無いのだ。

この本は、映画のイメージスケッチ、設定画などがあり、写真は最小限、CGイメージはほぼ皆無といった通常の設定集とは違った内容になっているのだ。

個人的には、イェーガーのメカニック設定をもっと詳細に載せてほしかったのだ。

で、この作品の続編なんだけど、当初は1作目と同じ監督で制作されると聞いていたが、どうやら紆余曲折して結局別の監督に決まったようなのだ。
でも、続編の予告を見る限り、1作目のイメージは継承しているようなので、期待してみたいと思うのだ。
1作目から引き続き出演する俳優もいるようで、来年の公開が楽しみなのだ。

続編は、カミサンと一緒は無理と思うので、同じ映画館で別の作品を同時に観ようかな…。
怪獣&ロボット映画って本当に面白いのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.17

#デットプールってヒーロー?なのだ!

ってことで、夫婦で映画好きなんだが、「自分は洋画」で「カミサンは邦画」と好みが正反対なのだ。
結婚前にデートで映画を良く観に行っていたんだが、自分の選択がほとんどだから、基本=洋画でもちろん字幕。

結婚後にカミサンからカミングアウトされたんだが、
・洋画は嫌い(派手なアクション物ならOK)
・字幕と映像を同時に観るのが大変
と言われてショックを受けたことがあったのだ。
当時は、「面白かった」って真面目な顔で感想を述べていたのは偽りだったのか???

でも、最近はカミサンの好みに合わせて邦画を選択し、休日は夫婦で映画鑑賞することが増えたのだ。
もちろん、観た後の車中は、映画の評論を…
これが、半分は同意見、もう半分は観る視点が違って意見が真っ二つに分かれるのがほとんどっ!

その視点の違いは、
・観客から観た視点
・映画の主人公(脇役など)からの視点
・監督(演出)からの視点
と、まるで映画評論家にでもなったかのように、車中は熱い意見のぶつかり合いとなるのだ。

いやー、その評論に対して正直20数年一緒に生活していて、初めて感じることも多々あり、「映画ってほんとにイイですね」って感じなのだ。

で、今日の本題へ…

本題=「デッドプール」なんだけど、当初は公開(2016年)時に映画館へ行くことも考えたんだが、以下の理由でDVD発売まで待つことに。
・カミサンが洋画を好きじゃない
・「R-15指定」って夫婦で観るにはどうなんだろう?

公開前の予告編を観ても、どこまでグロいのかわからんし…。

原作はMARVELコミックの作品だが、自分はこの映画公開で初めて原作を知ったのだ。

で、DVD発売しても少し時間を空けて廉価版が出てから「DVD3枚で税抜き3,000円セール」でゲットしたのだ。
(他の2枚の感想は後日にでも…)

もちろん、吹替じゃなくて字幕で鑑賞。
よく、「吹替がNG」とレビューしている方がいるが、字幕で観ればそんな不満も解消できるのにね。

ネット上でも、色々と評価されているようだが、自分の感想は以下の通り。
・アメリカンジョークが強い(でも、それがイイところ)
・ヒーロー物では無い(ダークヒーロー物でも無い)
・不死身なんだが、気が弱い
・恋人が一番、その他は後回し
・X-MANでは無いが、将来は一員になるかも?
・特殊能力は「不死身+再生能力」、必殺技はナシ

ってことで、皆のヒーローでは決して無くて、「彼女のみのヒーロー」ってところかな???

映画の構成は、至ってシンプルな作り。
・主人公の視点で描いている
・進行途中で過去に戻って、現在に至る経緯を説明
・ひたすら、復讐&恋人の奪回

で、気になる「R-15指定」って大きく2つ。
・前半の彼女とのカラミ部分(ほんの数分)
・敵との戦闘シーン(ほぼ全編)

敵との戦闘シーンなんかは、少年マンガでは普通のように掲載されている描写だし、カラミ部分も昼ドラから比べれば普通レベルだと思うのだ。
まあ、映倫に文句を言っても仕方が無いが、「芸術作品における表現の自由」をもっと広い視点で評価してほしいのだ。

本編の最後に敵の頭部を銃で打ち抜いたが、本当に敵は死んだのかが不明…主人公と同じ不死身であれば、頭部を打ち抜かれても再生できると思うんだがね。

既に続編が制作中で、撮影中にスタントマン(女性)が事故死との悲しいニュースもあったが、どんなストーリーになるのか今から楽しみなのだ。

最近の洋画は3部作の構成が多く、その2作品目は内容が薄くなる傾向にあるので、何か目玉となるネタで我々を楽しませてほしいと思うのだ。

ほんと、映画って面白いのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.31

DVD「トランスフォーマー」で変身なのだ!

ってことで、先日DVD「トランスフォーマー」を購入したのだ。
本当は映画館で観たかったが、もうここ数年行ってないし、半年待てば自宅で特典映像付きのDVDが格安で楽しめるから問題無し。

で、TVCMの変身シーンで圧倒されていたけど、実際の映像を観て
 「一体、何個のパーツで変形しているのかわからない」
状態だが、まぁCGなら何でもありだからこのパターンもOKかもね。

で、この変身シーンを観て
 「あの変形不可能と言われるゲッターロボ」
もすんなり変形可能な気がしたのは私だけではあるまい・・・

それにしても、CG映像技術も進化したもので実写部分と全然違和感も無い。
これからは映像よりもやはり映画の原点である「脚本&演出」が重要になるんだろうな。

| | Comments (0)

2007.11.17

「ガリレオ」は探偵(?)なのだ!

月9には珍しく、刑事物の「ガリレオ」・・・
個人的には福山クンよりは、柴咲クンのファンなんだけどね。
一応、原作=東野圭吾著
 「探偵ガリレオ」
 「予知夢」
も購入したのだ。
でも原作では柴咲クンは出ない・・・
結論から言えば、原作もTV版も「1粒で2度おいしい」ってこと。
単独で楽しむのもヨシ、どちらもまとめて楽しむのもヨシ。

| | Comments (0)

2007.01.21

DVD「日本沈没」で心も揺れるのだ!

ってことで、自分の誕生日プレゼントに自腹で樋口監督のDVD「日本沈没」を購入したのだ。
一応、スタンダードエディションの方を選んだのだ。
そういえば、最近は映画館で観る機会が減ったのだ。
と言うより、近隣に映画館が減るいっぽうなんで仕方がないが・・・

で、感想・・・
・ストーリー展開はスピード感があり、場面によってはじっくり見せている
・登場人物も個性豊かな俳優人を選択、若手よりもベテランが脇を固めている
・SFX(CG)もリアル部分とウソ部分をうまく使い分けしている
・悲劇の中にも希望を失わず、「日本人」としての生き方を問いかけている
って所で、個人的評価は「Good」なのだ。

コミック版とは微妙に設定を変えているが、映画は映画で十分楽しめる作品なのだ。
それにしても、地震国である日本は、本当の所沈没の危険性ってどれくらいあるんだろうか?
地球温暖化も心配だが、島国である日本はこれからどうなるんだろう・・・

ってことで、樋口監督の前作「ローレライ」よりは、こちらの作品の方が個人的には気に入ったのだ。
次回はどんな作品を見せてくれるんだろうか?

| | Comments (0)

2007.01.14

年の初めに自宅で映画三昧なのだ!

ってことで、年末年始にTVやDVDで観た映画についてちょっとコメントでも・・・

1)海猿 Limit of Love
 こちらは中古DVDを購入。
 正月休みに家族全員で観て、【感動】したのだ。
 1作目の映画、TVシリーズ、そして本作で完結(?)。
 原作コミックを読んでいても、実写版はそれだけでも十分楽しめる作品なのだ。

2)ウルトラヴァイオレット
 こちらは元旦の発売日に新品を購入。
 映画公開時のTV-CMの超かっこいいアクションのイメージがあり、あのバイオハザードと同じ主演となれば期待は大きい。
 しかし、アクションシーンは良しとして、ストーリーが軽すぎるのだ。
 また、実写とCGの合成シーンにかなりの違和感があって、1回の鑑賞で下取りへ。

3)ドラゴンヘッド
 こちらは深夜のTV放送を録画していたのだ。
 妻夫木&SAYAKA がメインキャストの作品なんだけど、これって【超B級作品】?
 原作は観たことがないんで、これ以上のコメントは無し。

4)スペースヴァンパイア
 こちらも深夜のTV放送を録画。
 この作品は、まだカミサンと結婚する前にいっしょに映画館で観ていたのだ。
 確かに映像的には古い部分があるけど、SF とホラー的な要素をちりばめて娯楽作品として今でも十分楽しめるのだ。

| | Comments (0)

2005.10.09

モンスター・ハンターは不死身なのだ!

ってことで、DVD「ヴァン・ヘルシング」(期間限定生産)をゲットしたのだ。

劇場では観ていないんだけど、その感想は・・・
 ・映像=特殊効果がキレイ過ぎて恐ろしさが少ない。
 ・主人公=ヴァン・ヘルシングの過去の記憶の謎が不明確。
 ・脇役(?)のフランケンシュタインの存在も不明確。

単純に個人的な知識不足なのかも知れないけれど、もっとオカルトっぽいものかと思っていたら全然違った作品だったのだ。
単なるモンスター・ハンターの物語にしては、そのバックにある秘密結社の存在も中途半端な感じで、一体この作品の狙いは何だったのか?

と言う事で、5段階評価で【★★★】=星3つってところでしょうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.09.06

G2の絵コンテなのだ!

注文していた「ガメラ2 レギオン襲来 絵コンテ集」が届いたのだ。

最近、絵コンテにハマっているのだ。
と言っても樋口氏のファンなだけ・・・(爆)

この絵コンテは金子氏と樋口氏の合作なんだけど、樋口氏担当分が思ったより少なくて残念なのだ。
でも、あの映画のワンシーンがよみがえり、ワクワクするのだ。
いつか、全編を樋口氏の絵コンテで映像化してほしいのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.29

新作ガメラってどうなのだ!

2006年GW 公開となる「小さな勇者たち〜GAMERA〜」って作品の製作が始まっていたとは知らなかったのだ。

平成ガメラの3部作で樋口氏の特撮に興奮して、「ローレライ」につながっていったんだけど、今度のシリーズ(?)は、ファンタジー物らしいのだ。
ガメラって怪獣じゃなくて妖精になってしまうのか???

できれば、平成ガメラの続編シリーズを作ってほしかったのだ。
ハイパー・ギャオスとガメラの死闘を樋口氏の特撮で・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧