« #HP2133の環境整備なのだ! | Main | #Switchで冒険に出るのだ!! »

2017.12.02

#「全訳 漢辞海」は古漢語辞典なのだ!

ってことで、以前購入した白川静氏の「常用字解」の影響か、最近は漢字について興味が出てきてるのだ。

同じ白川静氏の「字書を作る」を読みはじめて、日本には古くから有名な辞書(字書)や辞典(字典)が多くあることを知ったのだ。

で、それらの評判をネットで調べていて気になったのが、三省堂の「全訳 漢辞海」なのだ。

この「全訳 漢辞海」は分類的には漢和辞典になるんだけど、タイトルに「全訳」とあるのが謎…???

最新版は第4版、iOSの辞書アプリは第3版…
アプリはどこでも持ち運びができ検索も簡単だが、どうせなら最新の第4版が出てからでもいいかな。

で、中古でもいいから購入しようか迷っていたのだ。

そんな先週の休日…

夕方になり各部屋のカーテンを閉めていて、子供部屋の本棚にあった本の背表紙を何気なく見ていたら…「全訳 漢辞海」の文字がっ!!!

なんと目的の辞書が自宅にあったとはっ…!!!

自宅にあった「全訳 漢辞海」は、なんと初版(発行2000年1月10日)。

後でカミサンに聞いてみると、
「長女の高校入学時に学校のオススメ辞典リストにあった辞書をそのまま購入」
したらしいのだ。
長女にも聞いてみたら
「古典の授業用だったと思うけど、一度も使った記憶が無い」
らしい…

結果、一度も使われることのなかった辞典は私が譲り受けたのだ。

で、本書は、1,741ページで黒と赤の二色刷。

冒頭に書かれている「監修者のことば」から引用すると、本書の特徴は以下の通りなのだ。

・この辞書は、漢字についての辞典である。
・日本語表記の漢字から離れて、漢字によって表記された漢語(Chinese language)にたちもどることを企図したものである。
・漢語(古漢語 classic Chinese)を読解するために漢字を通じて学習する辞典なのである。
・日本語の漢字語字典ではなく、古漢語辞典が、この「漢辞海」にほかならない。
・漢字を単に和訓に置き換えるのではなく、漢語として捉え、適確な例文から、実際の文脈にそって語義を読解する。
・古漢語を品詞別に分類し、文法をふまえた解をほどこし、用例は現代日本語で”全訳”した。

これを読んで、やっと本書タイトルの”全訳”の意味がわかったのだ。

で、索引方法は、
・部首索引
・音訓索引
の2種類。

「常用字解」には無かった情報として
・JISコード(区点、16進コード)
・筆順
があって便利なのだ。

複数の漢字について「常用字解」と「全訳 漢辞海」を比較してみると、その微妙に異なる解説や情報があり、単に辞典としての活用ではなく、読み物として楽しむことができるのだ。

自分が小学校に入学した頃、日本には文字の種類が多く、難しい漢字を覚えるのがとても苦手だったのだ。
漢字、ひらがな、カタカナ…特に漢字は音読み、訓読み、熟語によって読み方が変化したり、同音異字など複雑。

しかし、辞書を「読み物」として楽しめる歳になるとは…何とも複雑なのだ。

「常用字解」、「全訳 漢辞海」の他にも興味のある辞書があるが、コレクションはとりあえずここまでにしておくのだ。

毎日、寝る前に辞書のページをめくり、漢字の世界を楽しんでみるのも良いと思うのだ。

|

« #HP2133の環境整備なのだ! | Main | #Switchで冒険に出るのだ!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3767/66113105

Listed below are links to weblogs that reference #「全訳 漢辞海」は古漢語辞典なのだ!:

« #HP2133の環境整備なのだ! | Main | #Switchで冒険に出るのだ!! »