« #nifty光コラボの手続きは謎なのだ! | Main | #「全訳 漢辞海」は古漢語辞典なのだ! »

2017.11.18

#HP2133の環境整備なのだ!

ってことで、レトロPCとして復活させたHP2133の環境整備の続き…前回は、超漢字Vのインストールまで。

次に追加したソフトは「一太郎2010」をインストールしたのだ。
日本語入力は、今このブログ原稿を書いているポメラDM200と同じATOKね。

で、WinXPをリカバリした時点で、SP2だったのでSP3にアップデートしようと思ったが、Windows Updateが正常に動作しないため、どうしたものか???

で、検索してみると、SP3のアップデートファイルをDLすることができるとのことで、iMacをMacOS2じゃなくWin10で立ち上げてDLし、USBメモリ経由でHP2133へコピーしてインストールしたのだ。

その後、やっとWindows Updateが動作し、150以上の更新をのんびりと実行…

ようやく最後の更新を終え、再起動すると
「Windows XPのサポートは、2014年4月8日に終了します。」
と懐かしいメッセージが…
「終了します」じゃなく「終了しました」じゃないのか???

次は、いつもお世話になっている「AVGアンチウィルス無料版」を導入。
但し、WinXPは既にサポート終了してるので、ネット接続は最低限にし、メインはオフラインで利用することにするのだ。

で、ブラウザはChromeがWinXPサポート終了済みの為、Firefoxを導入。

次は…エディタなか?
まあ、一太郎でも良いが…で、VZ Editorを導入することに。
WinXP上でも相変わらず快適に動作するのだ。

次はアセンブラの環境構築を…
最新環境じゃなく、あくまでもレトロ環境と言うことで、16bit アセンブラ環境を事前に調査して、「NASMIDE」という開発環境があることを知ったのだ。
が、結果的にこの開発環境が同梱されているアセンブラ入門の本「Assembly Language Step-by-step Programming with DOS and Linux」を中古でAmazonから購入したのだ。

同梱されているCD-ROMにはNASM、ALINKもあり、そして目玉であるIDE環境が使えるのだ。

しかし、このNASMIDEがWinXPから起動させると途中でフリーズしてしまうのだ。
16bitソフトって確かWinXPでは普通に動作すると思っていたが…
で、プロパティの互換性をWin95に変更してもフリーズ…

最後の手段で、USモードにして起動したらあっさり動作OK。
まあ、元々海外ソフトだからこんなもんでしょう…
で、起動用のバッチファイルを作成し、バッチファイルから起動するようにしたのだ。

ちなみに起動用バッチファイルの中は、シンプルな2行のみ。
chcp 437
nasmide

WinXPのコマンドに「us」コマンドがあるが、その中は「chcp 437」なので、直接chcpを使えばOKなのだ。

このNASMIDE(NASM-IDEのことね)なんだけど、昔のDOSシェル画面を思い出す作りでレトロ感があふれているのだ。
で、お試しでサンプルプログラムをアセンブルした所、
「nasm: out of memory」
とエラーメッセージが表示されたのだ。
恐らく環境設定の不備のような…本もヘルプも全て英語なんで、前途多難なのだ。

まあ、のんびり進めることにするのだ。

|

« #nifty光コラボの手続きは謎なのだ! | Main | #「全訳 漢辞海」は古漢語辞典なのだ! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3767/66058180

Listed below are links to weblogs that reference #HP2133の環境整備なのだ!:

« #nifty光コラボの手続きは謎なのだ! | Main | #「全訳 漢辞海」は古漢語辞典なのだ! »