« December 2012 | Main | March 2013 »

January 2013 posts

2013.01.27

冬の長旅は大変なのだ!

ってことで、昨年に引き続き、成人式の祝日連休に合わせて、母の三回忌の為に田舎(北海道の最北端)へ。coldsweats01

今回は、
 ・自宅には次男が留守番
 ・私とカミサンがいっしょに移動し、羽田空港で長女と合流
 ・長男は(北海道の)大学の冬休み明け&連休だったの電車で直接移動
と家族バラバラの行動となったのだ。

で、無事三回忌を終えての帰り道が…大変だったのだ。coldsweats02

祝日=14日の関東地方は、予報通り爆弾低気圧の影響で雪。
みぞれや雨の予報もあったが、問題は羽田空港が雪の影響をもろに受けてしまったこと。

長男は当初から電車で大学へ戻る為、そのまま駅へ行き帰路へ。

私たちは、とりあえず空港へ移動。
羽田空港から田舎へ来る便は、予定通り午前中に羽田を出発。
順調に行けば、この便で羽田に帰ることになるのだ。

しかし、空港の案内カウンターの掲示板には、
 「羽田空港の天候調査中」
と…。

予定時刻よりも約10分程早く便が到着。
遅れたのでは無く、早く到着することってあるのか???
まあ、田舎の天候は冬では珍しく晴天。happy01

どうなるかわからないまま、カミサンの実家と会社用のおみやげを購入。
少したって、手荷物検査をし、搭乗口のイスで一服。

「現在、羽田空港の天候調査中です。あと、40分程お待ち下さい。」
と、出発予定時刻にアナウンスが。

「もし、ここ(=田舎)を出発しても、羽田が着陸不可の場合は引き返すんだよな…」
と、カミサンと心配していたら、結局「欠航」に決定。wobbly

まあ、途中で引き返されるよりはマシってことで、空港から駅へ移動。

iPhone4S のアプリ「乗換案内」で、上野駅までの経路を検索。
しかし、時間的に一日で上野駅まで移動はシンドイので、まずは札幌駅までの移動をすることに。

(田舎の)駅で特急乗車券を購入する時、ダメモトで上野駅までの乗り継ぎを調べてもらったが、札幌駅からの寝台特急の指定席が「満席」だったので、スッキリあきらめがついたのだ。

(田舎の)駅から予定通りに特急が出発。
それまで晴れていた天候が一変し、駅のホームは横殴りの吹雪に。
結局、長男の電車を追いかける形になったが、これなら最初からいっしょに乗るんだった。

札幌駅までは5時間かかるのが、旭川手前の小さな雪崩の影響で結局約20分程遅れ。
先に出発していた長男は、この小さな雪崩の影響で、約1時間半も遅れていたのだ。

で、札幌駅に夜の10時過ぎに到着。
みどりの窓口で、翌日の上野駅までの指定乗車券を購入。
次に今夜のホテルを探そうと、駅の中にある観光案内窓口を探した…が、既に窓口業務は終了。

仕方なく、駅にあった駅周辺の案内パンフレットを見つけ、ビジネスホテルに電話問合せを開始…運良く、2件目で空き部屋をみつけたのだ。
札幌駅から徒歩2分のビジネスホテルへ移動。

朝食付きで、一人当たり約4,000円って安っつ!!(3人部屋だからかも?)
この値段で泊まれたのは幸運だったのだ。happy01

ホテルで、翌日の千歳空港から羽田空港の予約状況を調べてみたが、問題となっていた新型機種以外は全て満席…あきらめました。

翌朝、ホテルで簡単な朝食を済ませ、札幌駅から上野駅までの長い電車の旅が始まったのだ。

8:34発、札幌駅から「スーパー北斗6号」で函館駅まで移動。

12:04発、函館駅から「スーパー白鳥30号」で新青森駅まで移動。
実は、青函トンネルは初めてだったのだ。
想像したよりも高低差が感じられず、あっという間の移動だったのだ。

14:28発、新青森駅から新幹線「はやて30号」で上野駅まで移動。
やはり新幹線は早いのだ。
…上野駅で、長女とお別れ。

私とカミサンは、もう一つ特急に乗り換えて、自宅には夜の9時近くに到着。
結局、一日で約12時間程、電車に揺られていたのだ。
それから、数日間は電車の揺れが取りきれず、ユラユラした状態が続いていたのだ。

で、今回の教訓…冬の長旅は、気候に左右されるので大変。
次回からは、冬ではない時期(お盆か…)に行くことにするのだ。happy01

| | Comments (0)

2013.01.04

「hp 48GX」をゲットしたのだ!(昨年の記録)

で、昨年の記録の第五弾!!!

■購入ハード
・hp 48GX

以下のマニュアルが3冊付属。(もちろん英語版)
・Quick Start Guide
・User's Guide
・Advanced User's Reference Manual

今までhp 電卓を購入してきたが、ついに念願の機種=hp 48GX をゲットしたのだ。
いつものセカイモンで落札したんだけど、到着まで約3週間もかかってチョットあせったのだ。coldsweats01

で、本体のキータッチはHP200LX とほぼ変わらず、ちょうどベストなのだ。

今までは、iPhone アプリやCLIE なんかのエミュレータでしか使えなかったんだけど、実機と比較して一番違ったことが…
それは、動作スピード(=反応)が若干遅いってっこと。coldsweats02
まあ、これはこれでレトロな感じで○。

そして、今回このハードをゲットした要因の一つに
 「Advanced User's Reference Manual」
が付属していたことなのだ。
これは、hp 電卓で利用できるプログラミング言語「RPL」の詳細マニュアルであり、Web 上では最新版(hp 50g等用の英語版)がPDF として公開されているんだけど、さすがに印刷するにはページ数が多いのでiPhone にDL しているんだけど、やっぱり本になっていた方が読みやすいのだ。

先ずは、User's Guide を片手に実機の操作方法を覚えて、「RPL」に挑戦したいと思うのだ。

…とりあえずこれで、昨年の記録は終わり。
今年も、宜しくなのだ。happy01

| | Comments (0)

「CASIO fx-5800P」をゲットしたのだ!(昨年の記録)

で、昨年の記録の第四弾!!!

■購入ハード
・CASIO fx-5800P

ヤフオクで新品をゲットしたのだ。
自称「hp 電卓マニア」と言っておきながら…coldsweats01

実は、以前にも書いた「カシオミニ ミニチュア復刻版」の応募用に何かカシオの電卓を購入しなきゃと悩み、結局簡易プログラミング(?)できる電卓を購入したのだ。
「カシオミニ ミニチュア復刻版」のキャンペーンは昨年末で締め切りになったので…何とか当選しないかな???happy01

| | Comments (0)

「CLIE TH-55」をゲットしたのだ!(昨年の記録)

で、昨年の記録の第三弾!!!

■購入ハード
・CLIE TH-55

クリエの中古2台目をヤフオクでゲットしたのだ。
以前に購入した中古のCLIE PEG-UX50 がバッテリの劣化で1時間の使用に耐えられないので、2台目を。

それでも、携帯性やキーボード無しになったので、個人的にはメリットが少なかったのが現実。
ようは、TH-55 はSony らしさが無いってこと。
とりあえず、hp 電卓のエミュレータだけインストールしてたまに遊ぶことに。

今後のモバイルガジェット購入には、十分注意しないと…ガラクタ収集に終わってしまいそうなのだ。coldsweats01

| | Comments (0)

「Pocket WZ Ver 3.0」をゲットしたのだ!(昨年の記録)

で、昨年の記録の第二弾!!!

■購入ハード
・シグマリオン3対応三洋セルバッテリ N003M-SA

中古で購入したシグマリオン3なんだけど、さすがにバッテリが消耗していて…coldsweats02
充電後に何も使っていないのに約1ヶ月後に電源入れると、バッテリがほぼ空っぽ状態だったのだ。
で、バッテリを交換してみると効果有り。

■購入ソフト=中古
・Pocket WZ ver.3.0

VZ Editor のCE 版(?)と言われているPocket WZ をヤフオクで見つけてゲットしたのだ。
シグマリオン3で必須ソフトと言われるだけあって、操作性は抜群なのだ。

■購入関連本=全て中古
・プログラミング実習 VC++入門編
・これならわかるC++―挫折しないプログラミング入門 CD-ROM付
・Windows PowerShell ポケットリファレンス

シグマリオン3のソフト開発にも挑戦しようと思い、一番近道であるVC++ の関連本を購入したのだ。
2冊ともにC++ の初心者に優しい本なのだ。

後、PowerShell はあくまでもWindows XP 以降の勉強用に。
DOS の拡張版とも言えるPowerShell だけど、それなりに面白いのだ。happy01

| | Comments (4)

「VZ Editor Ver 1.6」&関連本をゲットしたのだ!(昨年の記録)

で、一応「あけおめ」なのだ。
今年も幸せな一年でありますように…happy01

さて、昨年の記録の第一弾!!!

■購入ソフト=中古
・Vz Editor Ver.1.6

ヤフオクで、なんとマニュアル付きでゲットしたのだ。
PC98 専用FD まで付いていて○
これは貴重なコレクションになったのだ。

■購入関連本=全て中古(VZ)
・VZを256倍使うための本
・HP100/200LXをVZで活用する本
・98ユーザのためのVZをワープロとして使う本

VZ 関連の本を読んでわかることは、発売されていた当時のMS-DOS の日本語環境の不便さが、より多くのユーザーに支持を得たんだと改めてわかったのだ。
後は、現在の手持ちのPCのどの環境で利用するかが問題…coldsweats01
Windows XP のDOS モードでの利用は、今一レスポンスが悪くて…
とりあえず、HP200LX に英語モードで利用することにしたのだ。
まだ、HP200LX は日本語化してないけど、メモリが1MB なんでこのままで。

■購入関連本=全て中古(DOS、開発言語)
・標準MS-DOSハンドブック
・MS‐DOSシステムコールハンドブック
・MS‐DOS 5アセンブラ・プログラミング
・MASM疑似命令ハンドブック
・TURBO Pascal ハンディ・マニュアル
・Turbo Pascal パーツブック
・Turbo C++ コンパイラ・マニュアル
・TURBO C++ ライブラリ・マニュアル

VZ にはアセンブラのソースプログラムが同梱されているんで、アセンブラに再挑戦しようと関連本を購入したのだ。
アセンブラは、純正のMASM を探さないと…確か、昔の本の付録CD-ROM にあったはず。
後は、HP200LX でも動作する懐かしのPascal 言語とC++ 言語のコンパイラも。

■購入ハード=中古
・HP100LX/HP200LX用純正ACアダプター HP F1011A

こちらは、ヤフオクで純正の中古品をゲットしたのだ。
ほとんど家でしか使わないし、AC アダプターと併用の方が、HP200LX 単体でソフト開発を試みるには、ベストな環境であるとの選択で。

ただ一番の問題は、HP200LX の画面は、老眼には過酷な条件になっているってこと。
さて、どうしたものか…happy02

| | Comments (0)

« December 2012 | Main | March 2013 »