« September 2012 | Main | December 2012 »

October 2012 posts

2012.10.28

Windows 8 Pro へアップグレードなのだ!

ってことで、Windows で初めてのアップグレードに挑戦したのだhappy01
Amazon で「Windows 8 Pro 発売記念優待版 DVD-ROM」=5,480円を予約して、発売日の26日の会社帰りに近所のローソンで受取。

で、翌日の土曜日にのんびりとアップグレード作業を。

アップグレードするPCは、なんとHP 2133coldsweats01
かなり非力なPCだけど、YouTube でWindows 8 のテスト版が動作している動画を見て、
 「なんとか使えるレベル(?)」
と判断しての強行なのだ。

現在のHP 2133 は、
 ・Windows XP Pro
 ・Windows Vista Business
のマルチブートにしているが、今回はVista 側を8 Pro へアップグレードすることにしたのだ。

で、まずWindows Vista で起動して、外付けDVDドライブにWindows 8 Pro の「32bit」版DVD-ROM をセットしてアップグレード開始…
(ちなみに「64bit」版DVD-ROMも付属しているのだ。)

10%からなかなか進まないので、何時間かかるのかと心配したが、約2時間弱でアップグレード終了。

初期設定を済ませたが、何だかキーボードがおかしい…
どうも日本語キーボードではなく、英語キーボードで認識している感じ。wobbly

で、とりあえず再起動しようと思ったが…スタートボタンが無くなったWindows 8 で再起動ってどうするの???

いろいろ触っていたら、ログインユーザー名の所をクリックしてログオフし、ログイン画面の右下の「電源ボタン」アイコンを押して再起動できることがわかったのだ。coldsweats01
せめて、終了や再起動方法くらいは、アップグレード直後にアドバイスしてほしいな。

で、再起動後は日本語キーボードに認識して一安心。

さて、TV CM にもあるタイル状のメニューは、Xbox 360 の画面でも見慣れているんだけど、まず何をしようか???

まず最初はInternet Explorer を使ってみることに。
これは、今までと特に変化無し。
しかし、最近は会社でもGoogle Chrome を使っているので、インストールすることに。

Chrome のホームページからインストーラーを選択し、「保存」じゃなく「実行」を選択。
無事、インストールされると、タイル状のメニューの最後尾にアイコンが追加されたのだ。
このタイル状のアイコン(ボタン?)は、自分で自由に移動できるんで、良く使う物は、手前に移動するのがベスト。
Chrome を起動すると、いつも見慣れたブラウザ画面で、動作もXP 時とほぼ変わらず。

数分間ネットサーフィンをしていて、画面の文字が若干ぼやけて見えるような…wobbly
もしや、HP 2133 のグラフィックドライバにマッチしていないのか???
で、Vista のインストールDVDに付属していたドライバをインストールしたのだ。
これで、画面のぼやけは無事解消されたのだ。coldsweats01

数時間、いろいろ触っていて、やはり昔ながらのデスクトップからの操作も試してみることにしたのだ。
先ほどインストールしたChrome のショートカットがあったので、それをクリック…
あれっ???
タイル状メニューから選択した時と同じく、また初期設定ページが表示されたのだ。

もしかすると、
 ・タイル状メニューからのアプリ起動
 ・デスクトップからのアプリ起動
は、Windows 8 内部では、別の環境上で動作しているのか???

考えられるのは、
 「タイル状メニュー、デスクトップのどちらかが(又は両方?)
  DOS時代のシェルのような環境下で動作している」
のかも???
もしそうなら、どちらかがメモリを無駄に使っている可能性があるし、非力なPCを使っているユーザーにするとメリット無しなのだ。
…まあ、この辺の謎はいずれ解明されるだろうし、と言うか非力なPCを使うのはナンセンスと言われるかもね。

初日の最後は「ストア」を…
標準アプリのアップデートがあったのでインストールして終了。

二日目、また謎な現状に遭遇したのだ。
Chrome でネットサーフィンをと思い、タイル状メニューからアプリ起動。
検索欄に文字を入力した所…漢字が入力できないのだ。wobbly
「半角/全角」キーを押しても、半角のままなのだ。
で、デスクトップからChrome を起動すると、漢字入力ができるのだ。
これまた、原因不明…Vista からのアップグレードによる悪影響なのか???

そして、もうひとつの問題が。
Vista からアップグレードした際、「Windows.old」というフォルダ(=Vista 環境のバックアップ)が作成されるんだけど、このフォルダが約19GBもあるんで削除しようとしたが、ロックがあって削除できないのだ。
なんとかフォルダのロックを外して削除を試みたが、不可視ファイルがジャマをしているようで、フォルダ単位やファイル単位でちまちま削除を進めたが、完全削除ができないのだ。
仕方なく、XP で起動して削除をしても、同じ状態なのだ。
これは、後でのんびり対処するっことに。

そして、肝心のWindows 8 の起動時間だが…
結論から言うと、Vista よりは早いようだが、マルチブート環境では効果が無いのだ。
と言うのも、マルチブートのOS 選択画面表示までの時間が、以前よりも遅くなった為。

どうも、マルチブートの制御(=ブートローダー)までアップグレードした影響と判断するのだ。
以前なら、
 ・電源ON 後に2秒ほどでOS 選択画面が表示
されたのに対し、アップグレード後では、
 ・電源ON 後に8〜10秒ほどでOS 選択画面が表示
という状況。
OS 選択画面の表示が遅くなったのは、体感的に全体の起動が遅くなった感じに受け取れるのだ。

で、最後に「ストア」を見てみようと思ったら…何だかオンライン接続できないようで、画面がストップしたままに。crying
さては、多くのアクセスをさばききれなくてサーバーダウン状態かも???sad

まあ、まだ発売になったばかりだから、これから改良されるかもね。
って言うか、非力なPC ユーザーは、早く買い替えろって言われるかもね。happy01

| | Comments (0)

« September 2012 | Main | December 2012 »